自家消費

家庭用太陽光発電システムの卒FITが始まります。

2019年11月から、住宅用太陽光発電システムの余剰電力買取期間が順次終了していきます。

買取期間が終了した太陽光発電システムの余剰電力は、例えば関西電力ですと、1kWh当たり8円(税込)の買取価格で売電を継続できますが、これまでの高い買取価格からすると太陽光発電による経済的メリットの目減りを感じるお客様は少なくないのではないでしょうか。

一方、電力会社からの買う電気は、一般的な家庭で1kWh当たり26円~27円となっていますので、今後余剰電力を1kWh当たり8円で売電するよりは、太陽光発電で余った電気を家庭で消費した方がむしろ「お得」になると考えられます。

また発電を開始してから10年以上経ったとはいえ、太陽電池パネルはまだまだ発電できますので、やはり「余った電気を自分で使う」という選択も検討すべきだと考えます。

このため、私たちklers(クラース)は、「余った電気を自分で使う」ため、今ニーズが高まっている「蓄電池システム導入」のご提案を行っております。