暮しに合わせて
最適の蓄電システムを提案いたします
住宅向け蓄電池システム
電気代を
節約
停電時の
安心
再エネで
自給自足

蓄電池を導入するとこんなメリットがあります。

太陽光発電で、余った電気を夜間に使える

太陽光で発電した電気の内、使いきれなかった分を
夜に使えれば、電力会社から買うよりお得になるわ!
余った電気を夜使える

安い夜間電力も充電できる

蓄電池は昼間太陽光発電で蓄えた電気を使い切っても
深夜に安い電気を充電できるのよ!
発電した電気だけでなく、
割安な夜間電力を買電して
貯めることで、夜間以外の
時間にお得に使えます。
時間帯別電気料金

※右図の料金プランは一例であり、実際に契約する電力会社・電力料金プラン等により異なります。

万一の停電の時にも備えられる

最近災害も多いし、もしもの時に電気を使えれば
安心できるね

蓄電池で停電時に使用できる家電製品・時間の目安

冷蔵庫
冷蔵庫
50~100W
テレビ
テレビ
100~150W
照明
照明
50~100W
スマホ
スマートフォン
5W

上記の家電、合計約280Wの場合、蓄電池の容量が、
4.2kWh 蓄電池なら、約12.9時間
6.5kWh 蓄電池なら、約19.0時間
※フル充電の場合。消費電力は一例です。各家電の消費電力量で異なるため、各動作時間を保証するものではありません。

太陽光発電システムと併用すれば、
昼間に充電できるので、もっと長く使用できます。

蓄電システムを導入して太陽光発電の
自家消費を検討されませんか!

住宅向け太陽光発電システム・蓄電システムに関してご相談ください

klers
(クラース)合同会社
お気軽にお問合せください。
受付時間 9:00 – 18:00  [土・日・祝日除く]
WEBからのお問合せはこちらから
固定買取期間満了

買取期間満了後の選択肢

① 余剰電力の売電継続

余剰電力の売電は継続できますが、
売電単価は大幅に安くなります。

② 発電した電気を自家消費

蓄電池・エコキュートやEVと組み合わせて
自家消費することで買電を減らせます。

売電継続
自家消費

ご存じですか?

システム保証期間が終わっても

太陽電池パネルはまだまだ発電します!

太陽電池パネルは20~25 年(※1)発電します。

太陽電池パネル

 一般的な太陽電池パネルであれば、経年劣化のため発電量は徐々に低下しますが、メーカーにより20から25年の発電保証がされているものがあります。(※2)

 保証期間が終わった後も10年以上発電できる可能性がありますので、今後も長く、安心して太陽光発電システムを使っていただくために、弊社では保証期間終了前の点検を推奨しています。

※1 メーカーや太陽電池パネルの型式により発電保証期間は異なります。詳しくは設置された太陽光発電システムの保証書で確認してください。
※2 標準的な太陽電池パネルの経年劣化により発電量は、発電開始後20~25年間でおよそ20~30%減少します。 また太陽電池以外のシステム構成機器の製品寿命は太陽電池パネルより短いため、取替が必要になる場合があります。

こんな風に考えていませんか!

10 年i以上発電しても
でも余剰売電って10 年で終わるよね
今後は余った電気はどうなるかしら?
発電はできても、モッタイナイわね。
何かお得な方法ないのかしら?
私たちは、売電期間が満了する方に
蓄電池システムを使って、発電した
電気を自宅で使う新しい太陽光発電
の使い方を提案しております。

* image: Freepik.com” このカバーのデザインはFreepik.com のリソースを使用しました。

蓄電池システム・取扱メーカー

example-image

カナディアン・ソーラー

住宅用太陽光発電システム >>>  
example-image

ニチコン

蓄電池システム >>>  
example-image

田淵電機

蓄電池システム >>>  
MENU
PAGE TOP